« GINJI300FNのミラーの続き | トップページ | M53 »

2013年5月10日 (金)

猫足星雲

022_鏡筒:TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X

カメラ:QSI583WS

L:10分×8

RGB:各10分×2

撮影地:蓼科

TOAの新しいレデューサーでの撮影です。今までのレデューサーはF6(レデューサーとのセンサーの間隔を延ばせばもう少し明るくなりますが)新しいのは698mm/F5.4になり、少しあかるくなります。

更に、星像も良くなっています。全体的に星のサイズが一回り小さくなったように感じます。特に、カラー合成をするときに周辺が色ずれを起こしていましたが、かなり良くなっています。

問題点は、レデューサーとセンサーの間隔が厳密に規定されているため、今まで使っていたオフアキが使えなくなりました。間隔が狭くなってしまって入る余地もないし、取付けネジが望遠鏡側もカメラ側もM72のオス(旧レデューサーは望遠鏡側がM72オス、カメラ側がM72メス)となっています。

因みに、掲載の写真は、規定の65.5mmより0.5mm長い約66mmで、周辺の星像が少し悪いような気がします。

オフアキが使えなくなったため、ガイド鏡を整備しなければならなく、この辺も問題といえば、問題で、オフアキに慣れてしまうと、ガイド鏡はちょっと面倒です。

いろいろと手際が悪く、連休中、撮影できたのは、これだけです。

|

« GINJI300FNのミラーの続き | トップページ | M53 »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫足星雲:

« GINJI300FNのミラーの続き | トップページ | M53 »