« EF40mmF2.8STM | トップページ | GINJI300FNの接眼部 »

2013年1月26日 (土)

M98

949_m98
鏡筒:GINJI-300FN + RCC-I(コマコレクタ)

カメラ:QSI583WS

L:5分×16、RGB:各5分×4

撮影地:花立自然公園

しし座とおとめ座の境界付近のおとめ座にある銀河です。この辺の領域はたくさん銀河あるので、30cmもあると結構、眼視でも楽しめますが、細かな構造や淡い部分は、写真に撮らないと分らないですね。まだ、光軸がちゃんとしていなくて、周辺の星像が伸びています、西側(左側)の方が大きく伸びています。

接眼部のドローチュールを固定するネジを締めると光軸がずれる傾向がだんだん分ってきました、締めるときのズレを考慮して、光軸修正時も、そのずれた状態で光軸を修正してしまえばよいかなと考えているのですが、締めた時の傾向はわかるのですが、完全に再現しないので、ストッパーを締めたり緩める度に結構ずれてしまいます。

|

« EF40mmF2.8STM | トップページ | GINJI300FNの接眼部 »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M98:

« EF40mmF2.8STM | トップページ | GINJI300FNの接眼部 »