« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

NGC7000

845_ngc7000_2木曜日の夜に撮影したNGC7000です。135mmで撮影。画角が広いので、西側にある淡いのも入るかなと思ったけれど、だめでした、ちょうっと構図が中途半端です。

金曜日にしゅ右辺のコマを撮影してモザイクの材料にしようとしましたが、金曜日は天気が悪く撮影できませんでした。予報では良かったのですが、だめでした。

カメラ:QSI583WS

レンズ:EF135mmF2.0L 絞り4.0

L:5分×16、RGB:各5分×4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

浄土平固定

844_zenten
木曜日の夜の浄土平の空。久しぶりにきれいな星空でした。

夜半を過ぎにになるとさそり座とかはずいぶん西に傾いてしまい、はくちょう座やケフェウズ座といった初秋の星座が天頂付近にきています。

カメラ:EOS40D

レンズ:EF8-15mmF4L(10mm、F4開放)

ISO400、10分×4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

浄土平

月も大きくなってしまうまえに、ちょっだけ撮影したくて、昨夜は浄土平。月が沈む頃に到着。快晴でした。

1343355920944.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

ほたる

843_
先週、山形の小野川温泉へほたるを観に行ってきました。時期的に少し遅かったのか、想像していたより、寂しい飛び方でした。

とりあえず飛びそうな方向を向けてシャッターを切りましたが、背景を考えないときれいじゃないですね。

レンズ:EF24mmF1.4L 絞りF2.8

カメラ:Canon 5DMkII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

LED

1342534594908.jpg

GP赤道儀の照明装置が壊れてしまったので、明視野照明装置用にLEDを買ってみた。

LEDは豆電球と違ってそのまま電源につなげばよいというものではないようです。電源は赤道義や他の観測装置と同じ12V直流電源が使えるようにしたいので、この場合、2KΩ程度の抵抗を直列につなげる必要があります。

一緒に、1KΩの抵抗も購入しましたが、2,3個あれば十分なのですが、とうやらそんな売り方はしていないようです。

続きを読む "LED"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

天気

1342433163256.jpg
夏なのに珍しく富士山が見えていた。
そろそろ梅雨は明けるかな、週末は撮影できると良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

ビクセン極望明視野照明

1342274104783.jpg
ビクセンGP赤道儀の明視野照明用のライトが壊れた。プラスチック部分がボロボロでセロハンテープで補強しながら使っていたが、もうダメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

夏の準備

1342017311423.jpg
今度の三連休はまだ梅雨が明けそうに無い、来週まつくらいには明けるだろうか。
夏の高温対策と短い夜間対策のために買ってはみたけれど、GINJI300をなんとかしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

EF40mmF2.8STM

842_ef40先月、発売になったCanon初のパンケーキレンズ。

気になってしょうがないので、店頭に並んでいる実物をいじってきました。

ボディーに付けたときの出っ張りが小さいので、鞄に入れて持ち歩くとき、がさばらないのと出し入れがスムーズな感じです。なによりも軽いのがいいです。フルタイムマニュアルフォーカスとかもちゃんとできるし、動かした感触も悪くないです。

問題は、既に35mmと50mmを持っているので、私にとって、40mmは買いにくい焦点となってしまっています。50mmと比べると少し広がった感じですが、35mmと比べるとほんの一回り狭くなった程度で、これなら、どっちでもいいかなと感じてしまう印象でした。50mmに近い印象であれば、とりあえず使っている50F1.8の代りにと思っていたのですが、もう少し、気長に50mmF1.4がリニューアルされるのを待ちたいと思います。

そういえば、24mmと28mmも新しいのが出ていますが、これらはどうなんでしょうか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »