« eneloop pro | トップページ | 電源測定中の天体 »

2012年1月15日 (日)

実測結果

昨夜の、実測結果です。

外気温を図るのをわすれましたが、気象庁のアメダスデータを参照すると、測定期間中は1.7度から0.0度の間を遷移していたようです。

eneloopの測定開始時の電圧は約12.5Vでした。

赤道儀への電源供給開始時刻は21時5分。

極軸を合わせて、PCから制御を開始したのが、21時10分ごろ。

初期状態の天頂からアライメントを調整、確認するため、アルデバランを自動導入。

ガイド鏡および撮影用のEF85mmのピント合わせを行い、一つ目の撮影対象であるぎょしゃ座中心部分を自動導入。オートガイダのキャリブレーションを行い、撮影を開始したのが22時2分。

撮影は10分×8、フレーム間隔のディレー時間は20秒。一つ目の対象の撮影完了時刻が23時27分。

ピント調整のため、ベテルギュウスを自動導入。ガイド鏡、EF85mmのピントを合わせ直して、二つ目の撮影対象、ばら星雲を自動導入。オートガイダのキャリブレーションを行い、撮影を開始したのが23時50分。

撮影は最初の天体と同じく10分×8フレーム。最後の8フレーム目は固定撮影の様に全く、追尾していない。7フレーム目の途中から止まってしまったようです。764_result_2
10分露光中、5,6分はちゃんと動いていたようです。このフレームがダウンロードされた時刻が日付が変わって1時4分なので、1時くらいに止まったと思われます。

ちなみに、赤経モータが動いていなくても、赤道儀本体のLED、ハンドコントローラのELDランプは両方と点灯したままです。これらが点灯しているからといって、赤道儀が正常に動作していないので注意が必要です。

今回の稼働時間は約4時間でした。そのときのeneloopの電圧は約9Vまで下がっていました。

今回使った10本を2セット並列で繋げば、8時間は大丈夫そうです。

|

« eneloop pro | トップページ | 電源測定中の天体 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実測結果:

« eneloop pro | トップページ | 電源測定中の天体 »