« M16 | トップページ | EM-10 »

2011年5月22日 (日)

FITSファイルヘッダのブラウザ

ゴールデンウィークは天気がいまいちで、処理するデータのないので、FITSファイルヘッダのブラウザを作ってみました。

FITSファイルのヘッダ部はテキストで記述されているので、適当なテキストエディタがあれば、なんとみることができます。582_txt 上の図の1行目がヘッダになります。80文字でひとかたまりになっていて、そのかたまりが36個で1レコードになっています。この80文字の先頭8文字がキーワードになっていて、そのキーワードにたいする値が”=”の右辺に記述されています。

ファイルを先頭から読んでいって80文字づつ表示していくと581_fitsheader

こんな感じで、少し見やすくなります。私はカメラの制御にMaxImを使っているのですが、望遠鏡の情報をちゃんと入れておくと望遠鏡の口径や焦点距離もちゃんとヘッダに設定されるのですね。

|

« M16 | トップページ | EM-10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FITSファイルヘッダのブラウザ:

« M16 | トップページ | EM-10 »