« この前の木曽 | トップページ | QSIの練習 »

2009年11月13日 (金)

QSIの問題

374_qsi QSIの電源投入時の問題を調べています。

最近はだいぶ寒くなってきたので、自宅のベランダでも、エラーが再現できるようになりました。

エラー時のLEDの点灯パターンは赤1回その後、黄色5回のパターンでした。フィルターホイールが正常に認識されないようです。

フィルターホイールのポジションを認識しているのは、写真の黒い四角の素子が光学的に読み取っているようです。

20度くらいの室内で、カメラ本体の温度も室内と同じ温度であれば、全く問題がありません。一度、正常起動してしまえば、電源を切らずにPCへ接続したまま、寒い屋外持ち出し、撮影ができます。カメラ本体の温度が10℃以下になっても問題はありません。もちろんCCD素子の温度は-20℃とか-25℃まで冷やしてもOKです。

ところが、カメラ本体の温度が10℃くらいまで下がった状態で、電源を入れると、赤1黄色5のエラーが発生してしまいます。

QSIさんに質問を投げたところ、ファームウェアのバージョンアップがされているとの回答を頂ました。いつも、丁寧で迅速な回答をくれるQSIさんには感謝です。

|

« この前の木曽 | トップページ | QSIの練習 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QSIの問題:

« この前の木曽 | トップページ | QSIの練習 »