« 桜 | トップページ | しし座トリオ »

2009年4月20日 (月)

遠征準備

来週オーストラリアへ星を観に行ってきます。

今回持っていく光学系は

236_ 焦点距離が長い方から、

BORG77EDII+F4レデューサ

EF85mmF1.8

EF35mmF1.4L

SIGMA15mmfishEye

カメラは40Dの改造と5DMKII。

85mmは135mmとどちらにするかとても悩んだところです。星像を考えると135の方が全然良いのですが、85mmはノータッチで気にならないのですが、135mmはちゃんとガイドしないといけないし、レンズ自体も重たいので、カメラ雲台も大がかりになってしまいます。ちょこっと撮りには85mmが便利で、今回は85mmを選択しました。

その昔、35mm版で銀塩の時代であれば、135mm、50mm、28mmの組み合わせが定番でしたが、デジタルでAPS-Cとなると、85mm、35mm、18mmくらいの組み合わせになるので、85mmと35mmはちょうど良い感じです。35mmより広角は24mmと15mmしかもっていないので、15mm。この季節、南半球では、銀河が派手なので、Fisheysは楽しめます。

撮影する場所は、今までの経験から、夜半過ぎくらいに気温が下がり、夜露に悩まされました。85mmと35mm用に夜露対策のヒーターを巻いたフードです。ヒーターは、秋葉原の坂口電熱で購入したシリコンゴムヒーターの50Ω/m、80cm。12Vくらいでちょうど良い温度になります。ヒーターは値段がmあたり数百円。太さ2.5mmで細いので、細かいところに巻けるので、便利です。

235_

|

« 桜 | トップページ | しし座トリオ »

機材」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征準備:

« 桜 | トップページ | しし座トリオ »