2024年2月18日 (日)

M1

148_m1

鏡筒:ASTROSIB RC-250 + レデューサーQE0.73X
   口径:250mm
   合成焦点距離:1460mm(F5.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Baader SII 6.5nm, Hα 6.5nm, OIII 4nm

合計露光時間:240分
  SII:5分X16コマ
  Hα:5分X16コマ
  OIII:5分x16コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

FSQ85+レデューサで撮影をすると、HαとOIIIのピント位置が少しズレるので、OIIIにフィルタを交換する前後でピントを合わせ直さないといけない。フィルタの厚さの仕様は2mmで同じなのだが、OIIIだけが帯域の狭いものにしているので、製品間でのバラつきに起因するのか、そもそもFSQの色収差なのか?
確認するために、色収差のない反射系で試してみたところ、250RCではフィルターを変えてもピント位置も変わらなかった。
ついでに、レデューサーQE0.73Xも入れてみたが、これも問題無さそうに見える。(フィルタ厚のバラつきではない)
FSQってそんなに色収差があったかなと思う、TOAでも確認して見たくなった。

FSQ85のレデューサの新しいのが発売になっている。
スポットダイアグラムを見る限りでは、旧品よりかなり良くなっている。レデューサを変えるとFSQでのピント問題は解決するかもしれないが、新しいレデューサの値段がそこそこするのと、今のレデューサの行き場がなくなってしまうのを解決する必要がある。

 

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

今年もだめだった

147_sun

例年だともう少し天気がよいのだが、

久しぶりに日没時、雲が無くきれに晴れた。

太陽の沈む位置がずいぶん北へずれている。

次回のチャンスは秋分の日の1.5カ月後くらい。

 

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

もうすぐダイヤモンド富士

146_sun

気が付くといつも見逃している。

あと、太陽3個分くらいで、ダイヤモンド富士
天気がいまいちなので、だめかもしれない

| | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

IC443

145_ic443

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Baader SII 6.5nm, Hα 6.5nm, OIII 4nm

合計露光時間:300分
  SII:5分X20コマ
  Hα:5分X20コマ
  OIII:5分x20コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

やはり、OIIIのピント位置が大きくずれる。
OIIIだけを日を変えて再度撮影。

 

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

月と土星

144_moon

ちょうど月と土星が接近していたが、L-eXtremeフィルタを使っているので、カラーバランスはかなり変。

EF70-200mmF2.8L II SI USM を200mm、開放で撮影。
マウントアダプタにフィルターを組み込んでいるので、バックフォーカスが伸びてしまうので、ピントは合うが周辺像が崩れたりするかと思われたが、大丈夫そうである。
ちょっと天体でもテストしてみようと思う。

 

 

 

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

カリフォルニア星雲(NGC1499)

143_ngc1499

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Baader SII 6.5nm, Hα 6.5nm, OIII 4nm

合計露光時間:265分
  SII:5分X15コマ
  Hα:5分X14コマ
  OIII:5分x24コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

天頂付近の一番条件のよいところでOIIIを撮影したが、ほとんどOIIIの成分は無いようである。
確かこの星雲はHβだと、眼視でもいけたはず。波長的にはすぐ近くなのだが、ナローバンドなので、写らない。

 

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

勾玉星雲(IC405,410)

142_ic405_410

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-10℃
  フィルター:Baader SII 6.5nm, Hα 6.5nm, OIII 4nm

合計露光時間:360分
  SII:5分X24コマ
  Hα:5分X24コマ
  OIII:5分x24コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

フィルタホイールはアメリカンサイズのアイピース用のねじサイズか枠なしのΦ31mmが対応している。枠なしの場合、フィルタの厚さは3mmがちょうどよい。Astrodonは3mm厚だったのだがBaaderは2mm厚である。フィルタホイールの中で暴れるが少し気になる。気のせいかもしれないが、天頂付近で撮影したコマと西に大きく傾いたときに星像が悪くなっているようなきがする。
光路長が変わったり、バンドパスが変わるほど入射角が変わるわけではないのだが、気持ちが悪い。

 

| | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

M42

141_m42_sao

先日上げたM42のSAO合成。
フィルタ枠なしのものに変えたので周辺減光が緩和された気がする。

FSQ85用のレデューサが発売になっている。
今つかっているのよりも高性能であるが、買い替えるには少し値段が高いのと、今使っているもの行き場がなくなってしまう。
誰か使ってくれくれるひちがいれば、良いのだが、他に使えそうな鏡筒もないし、困ったものだ。

 

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4PRO

138_20mm

スマホが古くなったので、機種変更するついてに、自宅のネットワークの契約など諸々を見直した。
プロバイダを乗り換えるとその量販店で販売している家電が割引になる特典があったので、見直しついでに乗り換えを決めた。

その割引特典で購入したのが、オリンパスの20mmF1.4

CanonのFRレンズ欲しいのだが、残念ながら現行のレンズでほしいものが無い。
安いレンズは暗いズームレンズばかりで、明るいのは高くで、ちょっと割り引いてもらっても、すぐに買えるような値段でもない。

そんなわけでマイクロフォーサーズに行ってしまった。
ずいぶん前に入手した12mmが結構よかったので、この機会に、15mm,17mmか20mmを検討してみた。
15mmはちょっと12mmと近すぎで一旦見送り。
17mmだったらF1.2はちょっと大き過ぎ、画質を考慮してF1.8の方。
20mmはパナのパンケーキがいきなり1万円以上も値上がりしていて一気に購入意欲が失せた。
一方、オリンパスの20mmはキャッシュバックのキャンペーンもあり、相対的にお買い得感がある。
ちょっと筐体が大きいのが気になるが、20mmF1.4を購入してしまった。

開放F1.4、色収差とかも良く抑えられていて、良い感じである。

139_20mm

 

中心部分を等倍で切り出して、左から解放F1.4 ,F1.6 ,F1.8 ,F2.0 ,F2.2 ,F2.5 ,F2.8 ,F3.2 ,F3.5 ,F4.0

140_20mm

開放は他と比べると少し劣る感じがするが、中心部分だけみれば半絞りも絞れピークに近い感じがする。
ロゴがOM SYSTEMになってしまって少し寂しいが、
とても良いレンズである。

 

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

M42

136_m42

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Baader SII 6.5nm, Hα 6.5nm, OIII 4nm

合計露光時間:255分
  Hα:5分X19コマ
  OIII:5分x32コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

いちおうSIIもとっているが、Hαが写り過ぎて、緑色になる。いろいろいじったがよくわからずAOO合成

 

| | コメント (0)

«先日購入した LUMIX G 35-100 F2.8