2021年5月18日 (火)

いて座

889_

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

やっと処理が終わった。
本当は、QHY16200A+FSQ85で直焦点を考えていたのがた、カメラを接続するリングを忘れてしまって仕方なくカメラレンズだけの撮影になってしまった。

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

へびつかい座

Photo_20210517002601

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

ファイルサイズが大きいのとファイル数が多いので、処理が大変。

周辺減光の処理をCanonの現像ソフトで現像時に行うとコンポジット後に淡い部分を強調するとすぐに同心円の減光処理の取りこぼし分が協調されてしまう。SIではバッチ処理といいながらも、一度ファイルを読み込まないとフラット処理ができない。計算機が貧弱なので、8コマくらいしか読み込むことができない。

 

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

さそり座

887__20210515231301

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

このレンズは開放でも良いくらい星像がよいのだが、撮影後に周辺減光の処理に苦労する。通常はF2.8くらいが使いやすいところであるが、折角明るいレンズなので、気持ち開けてとってみた。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

SIGMA30mm F1.4 DC HSM Art

いろいろなマウントのボディをもってしまうと、レンズを用意するのが大変である。
そこでマウントアダプタをつかっている。ちなみに、フジのXマウントのレンズは1本ももっていない。
よく使っているのが、中古で購入したSIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(EFマウント)。fringerのマウントアダプタ経由でもAFもちゃんと使えて快適である。F1.4と明るいので、天体写真も撮って見たかったのだが、フジのボディ操作がよくわからなくて中途半端だった。

886_sigma30mm1_4
F1.4開放
紫外線カットのL41を付けているが青のにじみは結構気になる。周辺星像は収差で伸びているが周辺減光は少なく優秀である。

886_sigma30mm2_0
F2.0
厳しくみると、もう少し絞りたくなるが、これで十分が気がする。X-E2のボディはピント合わせのとき、ピント合わせのアシストで画像拡大倍率が4倍で低すぎる。ピント合わせが難しい。

886_sigma30mm2_8
F2.8
明るいレンズなので、F2.0からF2.8くらいで使いの一番よさそう。

 

 

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

春の大曲線

885__20210504223101

レンズ:ZENITAR-M 2.8/16
 絞り:2.8開放

カメラ:FUJIFILM X-E2
 ISO:800

露光時間:152sec(=38secX4コマ)

fringer EF-FXマウントアダプタ経由でフジのカラメラで使ってみた。
因みにX-E2はマニュアルフォーカス時に画像を拡大できるのだが、倍率が低すぎる。もう少し拡大率が大きいとピントを合わせやすいのだが。
ピントが合わせにくいのだが、このレンズはピントのピークは分かりやすいレンズである。
中心部分はシャープだが、中心からずれるとすぐに星像がくれだす。絞れば改善するのだが、開放で撮影すると明るい星が目立ち、星座の形が良くわかる。

 

 

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

こと座流星群

884_2

撮影時刻:2021年4月23日 1時53分59秒
カメラ:OLYMPUS E-M1 MarkII
レンズ:OLYMPUS M.ZUKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
絞り:開放
シャッタースピード:1/2秒
ISO:1600
比較明合成 8669コマ

こと座流星群の極大日の晩に撮影。
最大でも10個程度なのであまり期待していなかったが、何個か写っていた。

 

883_1

夕方から天気がよかったので、油断していた。明るめの流星が入ったので、安心して室内で待機していたが、雲が流れてしまった。

 

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

NGC2359

882_ngc2359

鏡筒:GINJI300FN + Baader RCC1
   口径:305mm
   合成焦点距離:1220mm(F4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:OPTRONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:160分
  Hα:5分X16コマ
  OIII:5分x16コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

この星雲はOIIIでもよく写る星雲である。
だた、南に低いので、光害がひどい。撮影できる時間が短いので、無理にコマ数を稼ごうとすると、光害に埋もれたような画像ばかりになってしまう。

 

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

Sh2-274

881_sh2274

鏡筒:GINJI300FN + Baader RCC1
   口径:305mm
   合成焦点距離:1220mm(F4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:OPTRONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:350分
  Hα:5分X36コマ
  OIII:5分x34コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

年度末で仕事が忙しくて撮りっぱなしだったものを整理。

AOO合成だが、SAOにすると赤で見慣れた星雲がほぼ緑色になってしまうのでAOOの方が見栄えがするし、撮影時間が短縮できてよい。

それにしても、OIIIのSNが改善しない、もっと帯域を絞った方が良いのか、狭帯域のフィルターは高価だし、悩むところ

 

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

Sh2-264

880_sh2264

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-20℃
   フィルター:Baader Hα(7nm)

合計露光時間:540分(=5分X108コマ)

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG SII(12nm) ,  Hα(12nm) ,  OIII(6.5nm)

合計露光時間:480分
  SII:160分(=5分X32コマ)
  Hα:160分(=5分×32コマ)
    OIII:160分(=5分×32コマ)

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

TOA130のHαで撮影したのだが、モノクロだとつまらないので、
FSQ85のSAOカラー合成したものと合成してみた。
本当ならは、L画像はHαだけなのでSAOカラー情報のRとBはマッピング先がないのだが、それっぽく仕上がった。

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

マウントアダプタが壊れた

先日マウントアダプタが壊れた

879_aefmft

電子接点ありなので、AFも使えるのだが、左から4本目の接点が潜り込んで戻ってこない。
レンズが全く認識されなくなった。

修理代を見積もってもらったが、新品交換で16,500円。新品で購入すると18,080円。
少しでも安い方がよいと思って、そのまま修理して、本日、新品を入手した。

修理品を受け取りに行ったお店で知ったのだが、
修理品の保証期間は半年、修理で新品に代替えでも半年だそうだ。
ちなみに、接点が壊れた故障品はメーカに改修されてしまう。

1500円程度の差なら、新品を普通に購入して、
こわれた方は接点無のマウントアダプタとして使えたし、
追加購入した方の保証は1年間だし、
失敗した。

878_aefmft

ちなみに、最初のはマウント部分が少し緩めで、ガタつきが気になったが、今回のは少しきつめで、ガタつきはきにならなくなった。
AFの迷いも少なくなった気がすが、旧品がないので、勘違いかもしれない。

 

 

| | コメント (0)

«M46