2022年11月22日 (火)

光軸調整

044_250rc

やっぱり、気になってしまう。

今までの手順

1.レーザコリメータで、副鏡に当てたレーザが戻ってくるように副鏡の光軸調整ネジで調整する。

2.副鏡のセンターマークにレーザが当たるようにフォーカサーの傾きを調整する。

3.1,2を繰り返し副鏡のセンターにレーザが当たってレーザが戻ってくるようにする。

4.副鏡が真ん中にくるように主鏡の光軸調整ネジで調整する。

5.実際の星を使い、ピントを少しずらして星の回折光が同心円になるように主鏡、副鏡の光軸調整ネジで調整する。

この手順では、4のとき副鏡、主鏡が同心円に並ぶが、主鏡が鏡筒に対して真ん中に見えていない。
とりあえず、5で星像の回折光が同心円になっているとそこそこ見えるが、これではだめ、

恐らく、3の手順でフォーカサーと副鏡が正しい位置関係になっているように見えるが、このような位置がいくつかあって、真の解を求めるための条件があるのではないかと思う。

上記の不確定性を解くために、オートコリメータを使って、副鏡に映ったコリメータのセンターが副鏡のセンターと一致するまで追い込んでみた。

045_250rc

外が暗くなってしまったのでオートコリメータのセンターまでは見えなくなってしまったが、
オートコリメータのセンター、副鏡、主鏡、鏡筒のリムが同心円に揃った。

あとは、実際の星の回折光で仕上げれは、納得できるかな?

 

| | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

光軸調整

042_m42

鏡筒:Astrosib250RC + 35フラットナー
   口径:250mm
   合成焦点距離:2000mm(F8)

カメラ:CANON EOS Ra
  フィルター:STC Astro Multispectra
  ISO:3200

合計露光時間:16分(=30秒x32)

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

撮影地:自宅

光軸がいいところまで追い込めたので、試写。
30秒くらいならノータッチでも行けるかと思ったが、ガイドエラー気味で、星が楕円だが、まずますかな。

眼視では木星や火星を見てみたが、まあまあ良く見える。
前はもう少し見えたかなー、なんて変なバイアスをかけてしまうと、抜けられなくなりそうなので、これくらいにしておく。

043_

眼視で使ったアイピース。
PENTAL  XL28 約71倍、惑星観望には少し倍率が低いが天体の導入用。暗い空では DSO用でよく使うのだが、光害の空では、出番が激減してしまう。
PENTAX XL14 約142倍、シーイングが悪い時はこれくらいの倍率が快適。木星の模様などは、とても見やすい。この時期の火星は接近しているので、表面の模様が良く分かる。
セレストロン ULTIMA Duo 8mm 250倍 PENTAXと比べるとシャキットしない。タカハシTOA用のフラットナーを使うと改善する気がする。シリウスB挑戦の練習用にリゲルで試してみたが、いい感じで伴星が見えるし、木星や火星の模様もそんなに悪くない、良い組み合わせを見つけたかもしれない。
ミード UWA4.7MM 約425倍 フラットナを入れると変なゴーストがでるので、フラットナとの組み合わせはダメ。倍率が結構高くなるので、使える日が限られる。シーイングが特別良かったわけではないが、リゲルの伴星は楽に分かった。シリウスBも不確実ながら見た、もう少しはっきり確認してみたい。
PENTAX XW3.5mm 約571倍 ちょっと過剰気味、TOAとかで使った方がよい。

 

| | コメント (0)

2022年11月14日 (月)

250RC

040_250rc

土曜日の夕方から星を見ていて、なんとなく星像がいまいち。
深夜に鏡筒をかたずけたが、主鏡が埃だらけなのに我慢ができず、望遠鏡をばらし、リビングが鏡筒の部品だらけになった。
一度ばらすと、調整が面倒なのでなかなか決心がつかなかったが、あまりもひどいので、やってしまった。
今回が2回目のミラーのとり外しである。

041_250rc

鏡筒の中も水洗いして、さっぱりしたいところだったが、深夜にやるには大きすぎて危険なのでやめた。
やるのであれば、天気のよい休日の昼間で、午前中くらいから作業を着手するのが理想である。
とりあえず、主鏡、副鏡、それのセルやバッフルを水洗いをしてかなりさっぱりした。

乾いた部品から急いで組立、朝食までには占拠したリビングは開放できたが、
このあとの光軸調整は長い闘いになりそうである。

 

 

| | コメント (0)

2022年11月12日 (土)

シリウスB失敗

039_tel

月食以降良い天気が続いている。

在宅勤務の利点を生かし、望遠鏡を出しっ放しにしている。

接眼レンズを持ってベランダへ出れば直ぐに観望できる快適な状況であるが、明るい空なので、惑星とか月くらいしか見る対象がないのが残念である。

昨晩まではTOA130で観望していた。

目的はシリウスB、連日挑戦してみたが、だめだった。

去年はGINJI300FNですぐに分かったので、TOA130ですぐに分かると思ったがだめだった。
今夜は250RCに載せ替えて再度挑戦。

久しぶりに使うので、鏡筒のコンディションがちょっと不安、

まずは、木星。ちょうど大赤班が良く見える位置にきていて、良くわかった、TOAよりも分かりやすくかった。直観的に屈折の方がコントラストが良いというイメージがあるが、250RCは結構いい感じである。口径の威力はすごい。

火星はいまいちで、TOAの方が良く見えた。
結局、シリウスBは25cmにしてもダメだった。もっとシーイングが安定した日を選ばないとダメなのかもしれない。
もしかしたら、木星を見ていた頃の時間帯の方が大気状態が安定していて、徐々に悪化していったのかもれない

 

038_sum

そういえば、自宅からダイアモンド富士を狙っていたが、気が付いたら太陽が富士山より南側に沈むようになっていた。10月末から11月初頭だと思うのだが、結構移動するのが早い。

 

| | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

月食

037_moon

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35フラットナ
   口径:130mm
   合成焦点距離:980mm(F7.5)

カメラ:OLYMPUS E-M1 MarkII

ISO:6400

合計露光時間:1/8 秒

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

今回の月食は自宅ベランダで観望した。建物の構造の都合で、望遠鏡で観望できたのは、月が皆既になってから、
天王星食はなんとかライブで観望することができた。

天王星を自分の望遠鏡で見たのは今回が初めてだ。

 

| | コメント (0)

2022年10月27日 (木)

IC1871

036_ic1871_20221103104901

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:160分
  Hα:80分(=5分×16コマ)
    OIII:80分(=5分×16コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

胎児星雲にはIC1848がついている。その口元あたりがIC1871のようであるが、IC1848とIC1871の境目が良くわからない。
ICってどんな観点で天体をカタログ化してIDをふったのだろうか?

それにしても、OIIIできれいに青くしている画像を見るが、どうかんがえても、Hαに対してそんなにOIIIの強度はない、もっと空の暗いところに行けばよいのだろうか?

 

| | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

Sh-168

035_sh2168

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:160分
  Hα:80分(=5分×16コマ)
    OIII:80分(=5分×16コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

自宅のベランダからだと、視界が制限されるのと、光害が酷いのでナローバンドでの撮影になるので、
撮影対象が限られてしまう。

 

 

| | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

NGC281

034_ngc281_20221103110301 

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:160分
  Hα:80分(=5分×16コマ)
    OIII:80分(=5分×16コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

NINAを起動すると、いろいろとアプリケーションのバージョンアップを促されるメッセージが出る。
正常に動作しているコンフィギュレーションを変えたくないのだが、
望遠鏡の自動導入とPHD Guiding2の挙動が変で、新しいものを入れてみた。

ASCOM Platform 6.6SP1
Nighttime Imageing 'N' Astronomy Version 2.0 Hotfix 2

水曜日ごろから天気がよさそうなので、
そこで動作確認ができればよいのだが。

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

M42

033_m42_ha

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:70分
  Hα:70分(=5分×14コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

N.I.N.Aのシーケンサーの設定ミスで、OIIIの画像ができていない。
タイプの設定を "LIGHT" にするべきところを "BIAS" に設定していたようだ、
ちなみに、時間は設定した300秒が効いていたので、
OIIIのつもりで撮影したデータはすべてダークデータとなってしまった。

 

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

FSQ85EDのフラットナー問題

030_fsq85flattener

L-eXtremeの2インチフィルタ(M48)をFSQ85EDで使おうと思ったのだが、ちょっと問題が発生。

031_fsq85flattener

フラットナーはタカハシカメラマウント(望遠鏡側がM54オス)を介してカメラを接続するので、
こもカメラマウントの先M48メスのフィルターネジが切ってあるので、
これにフィルターを付けた状態でフラットナーにねじ込めば、
フラットナーの後端のレンズも奥まっているので、行けそうな感じにみえた。
念のため、フラットナーのレンズまでの深さとフィルタを付けたときのカメラマウント側の出っ張りを測定してみた。

前者はちょうど1cm

後者は1.05cm

微妙にダメ。

032_fsq85flattener

対物側はM58のフィルターネジ。システムチャートではこちら側にフィルターを付けるようになっているので、
こちら側に付けるのが正しい使い方ではあるが、天文用フィルタのサイズは2インチと1.25インチしかない場合がおおいので、
もう少しだけどうにかならなかったのかなと思う。
58mmから48mmへのステップダウンリングを使えばつくことはつくがけられそう。

ちなみに、TOAのレデューサとかもだめ、こちらは62mmフィルタなので、より条件は悪い。

 

| | コメント (0)

«STC Astro Multispectra